ボストン・テリアのかかりやすい病気やケガとペット保険. ボストンテリアのかかりやすい病気|1.幽門狭窄症 . いわゆる「鼻ぺちゃ犬」の中でも有名なボストン・テリア。今回は、ボストン・テリアの性格や、見た目でよく似ているフレンチ・ブルドッグとの違い、また、ボストン・テリアがなりやすい病気から、餌や運動について、お手入れやしつけの仕方まで解説します。 ボストンテリアは、歴史が新しいこともあり、遺伝的な病気にかかりやすいことが知られています。 心臓疾患のなかでも、呼吸困難になりやすい先天性の心奇形が多くあらわれます。 かかりやすい病気 白内障. 日用品. 身体的な特徴を持つ鼻ぺちゃ犬は、その構造から身体的な負担がかかりやすいです。ここでは、鼻ぺちゃ犬がなりやすい病気6選と注意点についてお話していきます。 ここでは、ボストンテリアに起きやすい病気と予防法を紹介しています。できる限り長生きをしてほしいワンちゃんですから、健康に過ごしてもらうための対策を事前に行いたいですよね。 ボストンテリアがなりやすい病気に、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」という膝のお皿がずれて脱臼しやすくなってしまう病気があります。先天的なものもありますが、高いところからジャンプしたり、転倒したことが原因でもなってしまいす。 小型犬に多い病気が膝蓋骨脱臼ですが、最近の統計ではボストンテリアが一番この病気になりやすい犬種だそうです。するの方法 . ガーデン・DIY. 投稿日:2017年12月10日 更新日: 2019年6月7日. ボストンテリアは太りやすい体質なので、 1日2回、30分 程度の運動が必要です。 夏場は熱中症や熱射病、急激な温度差により呼吸困難になりやすくなります。涼しい朝方や太陽が沈んだ夕方から夜にかけてがおすすめです。 ボストンテリアのお手入れについて ボストンテリアは白内障の好発犬種で早いと4~5歳頃に発症するとされています。 白内障とは目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。 病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。 肥満細胞腫は皮膚や皮下にできる悪性腫瘍です。 食品・飲料. ボストン・テリアの平均寿命は10~14年となります。 小型ながらも屈強な体を持っています。 短頭種であるため、フレンチブルドッグなどの他の短頭種の犬と同様に、 温度調節が苦手で、特に暑さに弱くなり … ボストンテリアのかかりやすい病気. 幽門狭窄症とは、胃の出口である幽門の胃粘膜や筋肉に異常がおこり、胃で消化されたものが十二指腸に正常に排出されなくなる病気で、ボストンテリアのような短頭種に多くみられます。 ボストンテリアは皮膚の病気にかかりやすい犬種です。 特に「アカラス症」と「肥満細胞腫」に気をつける必要があります。 ボストン・テリアは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。 そこで、ご検討いただきたいのが … ボストンテリアは、緑内障や白内障、チェリーアイなどの眼疾患、短吻種に多くみられる軟口蓋過長、皮膚炎、てんかん、腫瘍などにかかりやすいといわれています。 ボストン・テリアの性格や魅力、飼育方法からなりやすい病気までボストン・テリアに関する情報ををご紹介します。 shopping_cart お買い物. ボストンテリアの1ヶ月のエサ代はどのくらい? ボストンテリアは皮膚病になりやすいので エサに気を使ってあげる必要があります。 エサの内容はここでは省きますが エサは良いものを与えないとアレルギーで痒がったりする場合が よくあるそうです。 ベビー・キッズ用品. ボストンテリアは皮膚の病気にかかりやすい犬種です。 特に「アカラス症」と「肥満細胞腫」に気をつける必要があります。 ボストンテリアの皮膚と被毛を保つためには 月に1~2回 、夏場は汗や皮脂の分泌が増えるので 月に2~3 ボストンテリアは、テリアならではの性質で興奮しやすい一面がありますので、興奮させないよう、飼い主が落ち着いたリーダーでいることで、信頼関係が築け、しつけも容易になります。基本的にはフレンドリーで優しい性格で、無駄吠えも少ないので、飼育しやすい犬種といえるでしょう。 連載. また、ボストンテリアは短頭種なので全身麻酔での死亡リスクも高くなります。 ボストンテリアが気をつけたい病気3:皮膚病. 幽門狭窄症とは、胃の出口である幽門の胃粘膜や筋肉に異常がおこり、胃で消化されたものが十二指腸に正常に排出されなくなる病気で、ボストンテリアのような短頭種に多くみられます。 ボストンテリアの病気でなりやすいのが膝蓋骨脱臼. このボストンテリアがかかりやすい病気の膝蓋骨脱臼は、進行具合によって症状が変わります。 ・チェリーアイになりやすい犬種は、アメリカン・コッカ―・スパニエル、ビーグル、ボストン・テリア、シー・ズー、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク など ・白内障 水晶体と呼ばれるレンズが、なんらかの原因で白く濁り、視力が低下したり、失明の可能性もある病気です。加齢に伴う ボストンテリアには、小型犬特有の呼吸器系の病気や膝のお皿が外れてしまう膝蓋骨脱臼になりやすい傾向があります。ボストンテリアに起きやすい病気を知り、あなたのワンちゃんに合った対策方法を見つけてみませんか? ボストンテリアがなりやすい病気 ボストン・テリア ‐ かかりやすい病気・ケガ-かかりやすい病気・ケガ、飼育ポイントを解説しています。ペット保険をご検討中の場合は、病気やケガになった時の保険金の請求事例も参考になります。大切なペットのために、安心して続けるならペット保険のアイペット損保。 遺伝性疾患も一般の病気も比較的多いとされているボストンテリアですが、腫瘍や、腫瘍が原因と推定される疾患が起きやすいようです。 腫瘍としては肥満細胞腫の好発犬種であり、中年齢以降の発症が報告されています。 ボストンテリアは食欲旺盛で、ドッグフードを与えすぎると 肥満になりやすい 傾向があるので、 糖尿病のリスク も抱えています。 犬の糖尿病は、糖を吸収することができなくなり、様々な悪影響を与えてしますので 避けたい病気 です。 体重やなりやすい病気. ボストンテリアを飼うにあたって、かかりやすい病気やけがに気をつけることによって、健康で長生きしてもらいましょう。 白内障 レンズの役割を果たす水晶体が白く濁り、目が見えづらくなります。 ボストン・テリアは1870年頃に、ボストン市やその周辺にいる人たちにより飼われることとなりますが、イングリッシュ・ブルドッグと現在では絶滅したホワイト・イングリッシュ・テリアで交配が行われたと言われています。 大きな口に短いマズル、クリッとした瞳はまるで笑っているような愛嬌のあ … ボストン・テリアがかかりやすい病気 ボストン・テリアの子犬がかかりやすい病気 . オフィス用品. ボストンテリアがなりやすい病気に、「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」という膝のお皿がずれて脱臼しやすくなってしまう病気があります。先天的なものもありますが、高いところからジャンプしたり、転倒したことが原因でもなってしまいす。 ボストンテリアならではの特有の病気はありませんが、若年性白内障、皮膚疾患、鼻腔狭窄、口蓋裂、膝蓋骨脱臼になりやすい犬種と言われています。 このほかパターン脱毛、色素過剰症、水頭症、てんかん、チェリーアイもかかりやすい疾患の一つです。 肥満細胞腫は皮膚や皮下にできる悪性腫瘍です。 ボストンテリアに非常に多い病気. 皮膚トラブルやアレルギー症状の出やすいボストンテリアにおすすめのドッグフードをいくつかご紹介します。 アカナシングルシリーズ. ボストンテリアがなりやすい病気と予防. ボストンテリアは太りやすい体質なので、 1日2回、30分 程度の運動が必要です。 夏場は熱中症や熱射病、急激な温度差により呼吸困難になりやすくなります。涼しい朝方や太陽が沈んだ夕方から夜にかけてがおすすめです。 ボストンテリアのお手入れについて ボストンテリアにおすすめのドッグフード. ボストン・テリアは、下記のような疾患にかかりやすく、その治療費は、飼い主さまの全額負担となります。 そこで、ご検討いただきたいのが … ボストンテリアは知的で賢いのできちんとしつければ良き相棒となります! 散歩で他の犬や飼い主以外の人間、またはこの世にある全ての物や音などに慣れさせて、警戒心を少なくしてあげてください! search. 体重やなりやすい病気. 黒白のツートンカラーでまるでタキシードを着込んだ 紳士の様なボストンテリア。 頬が垂れている犬種の中でもどこかスッキリとし … 収納・インテリア・寝具. 黒白のツートンカラーでまるでタキシードを着込んだ 紳士の様なボストンテリア。 頬が垂れている犬種の中でもどこかスッキリとし … ボストンテリアは運動が大好きですが、太りやすい傾向があり、鼻ぺちゃの短頭種のため体温調整が苦手です。 また遺伝性疾患も比較的多いとされています。 肥満細胞腫. ボストンテリアは食欲旺盛で、ドッグフードを与えすぎると 肥満になりやすい 傾向があるので、 糖尿病のリスク も抱えています。 犬の糖尿病は、糖を吸収することができなくなり、様々な悪影響を与えてしますので 避けたい病気 です。 ボストンテリアの病気でさらに注意したいものの1つが、膝のおさらの部分がずれて外れる「膝蓋骨脱臼」です。. ボストンテリアに非常に多い病気. ボストンテリアの病気や疾患を御存じですか。一般的にはボストンテリアは丈夫でタフという印象の強い犬です。しかし、ブルドッグ同様に短頭種と呼ばれる種類に入りますので、短頭種だからこそ気を付けるボストンテリアの病気や疾患を知っておきましょう。 そこで、かかりやすいボストンテリアの病気について御紹介します。, 日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。, ボストンテリアがかかりやすい病気は「チェリーアイ」という目の病気です。はっきりとした原因は分かっていませんが、これは誕生した時点で第三眼瞼を結んでいる部分が弱かったり、誕生後にできたキズなどが要因で発症するというケースがあり、結果第三眼瞼と呼ばれる部位が外部に向かって出ることで、赤みを帯びた状態で腫れあがるという特徴があります。, しかし、ボストンテリアの病気は生まれ持ったケースも多いので、家族や飼い主がふだんの生活の中で様子を見ていると、早く気が付くことができます。やけに瞬きや涙を流すことが多くなるといった異変が出始め、目をこすることが目立ってきますので、何か変だと感じたら動物病院に受診しましょう。本当に早い段階で発見できたときは、点眼薬で対応できることがありますが、それ以外の治療法となると手術を行うのが大半です。, 生まれ持ったこの病気が発症した場合予防するのは難しいですが、キズができないように気を付けることは日常生活の中でできますので、ボストンテリアが転ぶなど何かにぶつかることがないように、家族で見守るのが一番です。, 白内障の特徴は、物を見るために必要なレンズの役目を持つ水晶体と呼ばれる部分が、白色を帯びてレンズに濁りが生じるため、光を届ける必要のある網膜に肝腎な光が入らず、結果的に視力にまで影響を及ぼす病気で、大半の犬種がかかりやすい疾患でもあります。, 白内障も発症する要因が2つあります。1つは眼にキズを負うことや、糖尿病などの病気からくる2次的に発生するケースなどです。もう1つは遺伝性のものです。, 白内障を予防するのは難しいですが、本当に早い段階で獣医に受診することで進行の抑制にはなるでしょう。生活の中でも、ボストンテリアが歩行中にどこかによくぶつかる、つまずくといった行動がないか様子を見ることが大切ですし、定期健診を必ず受けるようにしましょう。, ボストンテリアの病気でさらに注意したいものの1つが、膝のおさらの部分がずれて外れる「膝蓋骨脱臼」です。, このボストンテリアがかかりやすい病気の膝蓋骨脱臼は、進行具合によって症状が変わります。まだ初期の段階では目立った痛みや症状はなく、生活環境を見直し たり、場合によってはサプリメントなどを与えます。, 症状が進むと走る、歩くといった行動に異変が出てきます。お皿がはずれたままになり、片足を上げたままにするなどの跛行がみられたり、痛みで鳴いたりすることもあります。この段階になると手術も考慮していきます。, さらに痛みが激しくなってくると、歩くのはもちろん排泄にも介助が必要となる場合があり、行動そのものに支障が出てきます。この段階までくると手術以外の選択がなくなります。, このボストンテリアが発症しやすい病気は、まだ問題がない状態の時から足腰を大切にすることで予防に繋がります。家の中で歩きやすいようにカーペットのようなものを敷く、爪はしっかり切るなどから、ハードな内容は避けて適度な運動を行う、筋肉を落とさない、体重を増やさないように心掛けることも重要です。, また、ボストンテリアに多いのが「鼻腔狭窄」と呼ばれる病気です。これは鼻腔のサイズが小さいため、呼吸はもちろん体温管理にすら支障が出るものでボストンテリアをはじめ短頭種に比較的多い病気です。呼吸が辛そうだったり鼻水の出方が通常とは違って飛び出るような症状が見られます。, この鼻腔狭窄はボストンテリアの後天的な病気ではありませんので、予防の方法自体がないのです。あまりにも呼吸が辛そうならやはり獣医師に相談をして、場合によっては手術を受けて空気を上手に取り込めるようにします。, ボストンテリアの発症しやすい病気に「軟口蓋過長症」と呼ばれる、呼吸器系の疾患があります。これは空気の通り道である気管をふさぐように軟口蓋垂がが長くなっていることで、呼吸に支障を与えます。日常生活の中で明らかに呼吸することが難しい場合は、手術で治療することになりますが、特に苦しそうでなければ、そのまま生活を送ることは可能です。, とても元気で活発、遊ぶことが何よりも好きな甘えん坊のボストンテリアでも、意外とかかりやすい病気があります。先天性疾患の場合はこれといった予防法がありませんが、できるだけ早く発見してあげることで、進行の抑制をすることができます。, また、ボストンテリアは、ブルドッグなどと同様に「短頭種」であるため、呼吸器系の疾患には注意が必要ですし、食べることは好きですが食べるという行動が苦手であるため、じっくりと時間をかけて食べるように躾けてあげると、消化器系への負担も軽減できます。, 一般的にボストンテリアの寿命は短くて13歳くらい、長くて15年くらいといわれていますが、中には16年以上の長生きなボストンテリアもいます。せっかく縁があって家族になったのですから、できるだけ長く傍にいてほしいものです。そのためには、かかりやすい病気を知っておくことで未然に防ぐなど、ふだんから様子を見守って早期発見できれば、進行を遅らせることができます。, 運動面に関しても膝に負担をかけないように、食べ過ぎを抑えたりしながら体重の管理をするなど、きつめの運動よりも毎日散歩や公園でのボール遊びなど、工夫して運動をさせてあげましょう。, ※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。, 快適にわんちゃんホンポの記事が読める!見やすいカテゴリでみたいジャンルがすぐ見つかる。飼い主と愛犬のための犬専用アプリ。, 犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。, 今回、ボストンテリアに関する記事でしたが、近年フレンチブルドッグのブームがあり、とても似た感じではありますがボストンテリアはあまり見かけた事がないので興味を持ちました。, 昔は闘犬として開発された犬種でブルテリアの血をひいていたようです。まもなく闘犬が廃止されると愛玩用に改良されボストンテリアは「タキシードを着たアメリカ紳士」と評されるほどやさしく身ぎれいでスマートな犬になりました。現在ではアメリカを代表する犬の一つであり、ボストン大学のマスコットでもあります。活発で遊び好き、知らない人であってもそつのない態度で周囲を和ませてくれる性格です。ただし過剰すぎる運動は短頭種特有の呼吸困難に陥る恐れがあり、夏の暑さは非常に苦手なので散歩の時は十分な準備をして長くても一時間以内に済ませて下せてください。短毛ですので手入れはさほど難しくないのですが、夏場は特に毎日のブラッシングをしっかりして、風通しを良くしてあげてください。夏場は特に紫外線が強く白内障のリスクを伴うので直射日光を避ける工夫をするといいでしょう。, うちの子もボストンテリアと同じ短頭種(フレブル)なので、目の病気には十分注意しています。特に逆くしゃみの兆候があるので、扇風機やエアコン等の風は弱めに設定して対策して上げています。逆くしゃみは短頭種に多くて、ボストンテリアも逆くしゃみになるそうなので、その他の病気と一緒に注意してあげて下さいね。, ボストンテリアは色んな病気になりやすいのですね。ただボストンテリアだけが病気になりやすい訳ではないと思います。大型犬なら大型犬のなりやすい病気もありますし、どの犬にも色んなリスクはあります。飼わない方がいい!ということではなく、こういう病気になりやすいんだと頭に入れておいて予防、早期発見に役立てるのが良いんじゃないでしょうか?, ボストンテリアを飼ってみたいと思っているんですが、こんな病気に気を付けないといけないなんて考えていませんでした。なってからじゃ遅いですもんね。ちゃんと愛犬をケアして大切にしたいと思います。目が大きくてあたまが大きくてかわいい!って思っていたんですが、色んな苦労があるんですね〜(・.・;), この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。. ボストンテリアは病気にかかりにくく育てやすい犬種と言われていますがそれでも気を付けなければいけないことがあるんですよ。 去勢について. search. ボストンテリアのかかりやすい病気 チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱) (症状) 第三眼瞼腺をつなぎとめている結合組織が、生まれつき無いか、 不十分だったりする事で、第三眼瞼腺が赤く腫れ上がり、 目頭から外に飛び出す病気です。 ボストン・テリアにとって最大の喜びは、飼い主さんと楽しみを共有すること。旅のパートナーとしてぴったりな犬種です。そんなボストン・テリアとの毎日を、もっと楽しくするために、生活の工夫点やかかりやすい病気などを知っておきましょう。 ボストンテリアのかかりやすい病気|1.幽門狭窄症 . ボストンテリアの平均・最高寿命は何年なのでしょうか。この記事ではボストンテリアの平均・最高寿命や、かかりやすい病気やその治療法・治療費、人間の年齢への換算表、ペット保険などを紹介しています。長生きさせるコツは適度な運動、温度管理、ストレス等に気を配ることです。 ボストン・テリアは、友好的な性格をしているので、あまり吠えることは … ボストンテリアは優しく活発で甘えん坊な性格で、見た目はフレンチブルドックやパグと似ています。本記事ではボストンテリアの歴史や特徴、オス・メスの性格の違い、価格、飼い方のコツ、注意点等を紹介しています。また、寿命やかかりやすい病気、保険等も紹介しています。 アカナのドッグフードは生産者の顔が分かることでも有名です。 ボストン・テリアは 「眼疾患」 になりやすいことが知られています。 その中でも比較的よく見られるもののひとつが、「第三眼瞼(瞬膜)」が外に飛び出してしまう眼疾患。 雑予想), 反社会的勢力に対する基本方針, 利益相反管理に関する基本方針, コンプライアンスへの取り組み, アイペットホールディングス株式会社. ボストンテリアは、歴史が新しいこともあり、遺伝的な病気にかかりやすいことが知られています。 心臓疾患のなかでも、呼吸困難になりやすい先天性の心奇形が多くあらわれます。 かかりやすい病気 白内障. ボストンテリアならではの特有の病気はありませんが、若年性白内障、皮膚疾患、鼻腔狭窄、口蓋裂、膝蓋骨脱臼になりやすい犬種と言われています。 このほかパターン脱毛、色素過剰症、水頭症、てんかん、チェリーアイもかかりやすい疾患の一つです。 犬がなりやすい目の病気やかかりやすい犬種、治療法や予防法は? Tweet 愛犬の目の異常は、見た目でわかりやすいので発見しやすいと思われがちですが、「涙だろう」「眠いのかも」などと思ってしまい … 遺伝性疾患も一般の病気も比較的多いとされているボストンテリアですが、腫瘍や、腫瘍が原因と推定される疾患が起きやすいようです。 腫瘍としては肥満細胞腫の好発犬種であり、中年齢以降の発症が報告されています。 ボストンテリアに非常に多い病気. ボストンテリアは病気にかかりにくく育てやすい犬種と言われていますがそれでも気を付けなければいけないことがあるんですよ。 去勢について. ボストンテリアを飼うにあたって、かかりやすい病気やけがに気をつけることによって、健康で長生きしてもらいましょう。 白内障 レンズの役割を果たす水晶体が白く濁り、目が見えづらくなります。 ボストン・テリアは 「眼疾患」 になりやすいことが知られています。 その中でも比較的よく見られるもののひとつが、「第三眼瞼(瞬膜)」が外に飛び出してしまう眼疾患。 ペット用品. ボストンテリアは肥満になりやすいので、成長期を過ぎて成犬になってからは摂取カロリーや与える量に気をつかうようにしてあげてください。 しっかり運動させる. ボストン・テリアがかかりやすい病気 白内障 ボストン・テリアのように眼球が飛び出しているタイプの犬は、白内障に限らず目の病気にかかりやすいと言われています。 お散歩の時に、目にものが当たるような場所を歩かせないように注意しましょう。 適切なシャンプーの頻度. かかりやすい病気や健康のために気を付けること♪. かかりやすい病気や健康のために気を付けること♪. 鼻が低い「鼻べちゃ犬」にはなりやすい病気がいくつかあり、放っておくと危険なケースも中にはあります。ここではかかりやすい病気6選とともに、注意すべき点をまとめてご紹介します。 ボストン・テリアは、約8~10か月かけて成犬になります。 ※成犬とは身体的な成長が止まることです。 ボストン・テリアの鳴き声. ボストン・テリアのかかりやすい病気やケガとペット保険. 投稿日:2017年12月10日 更新日: 2019年6月7日. ボストンテリアは白内障の好発犬種で早いと4~5歳頃に発症するとされています。 白内障とは目の中にある水晶体が濁り、視力が低下する病気です。 病気が進行すると目が白くなるため、目視で確認することもできます。 ボストンテリアは運動が大好きですが、太りやすい傾向があり、鼻ぺちゃの短頭種のため体温調整が苦手です。また、ボストンテリアは遺伝性疾患も比較的多いとされています。 1.肥満細胞腫 ボストンテリアのかかりやすい病気 チェリーアイ(第三眼瞼腺逸脱) (症状) 第三眼瞼腺をつなぎとめている結合組織が、生まれつき無いか、 不十分だったりする事で、第三眼瞼腺が赤く腫れ上がり、 目頭から外に飛び出す病気です。 ボストンテリアの平均・最高寿命は何年なのでしょうか。この記事ではボストンテリアの平均・最高寿命や、かかりやすい病気やその治療法・治療費、人間の年齢への換算表、ペット保険などを紹介しています。長生きさせるコツは適度な運動、温度管理、ストレス等に気を配ることです。 ボストンテリアは運動が大好きですが、太りやすい傾向があり、鼻ぺちゃの短頭種のため体温調整が苦手です。 また遺伝性疾患も比較的多いとされています。 肥満細胞腫. 病名 時期や症状 治療費; 幽門狭窄. モノトーンの柄に、スマートなシルエットが上品で、世界中に多くのファンを持つボストンテリア。今回はボストンテリアの性格を踏まえながら、噛み癖やトイレトレーニング、留守番などのしつけ方法を、ドッグトレーナーの西岡が解説します。 ボストンテリアの病気のサイン. また、ボストンテリアは短頭種なので全身麻酔での死亡リスクも高くなります。 ボストンテリアが気をつけたい病気3:皮膚病. 大きな立ち耳に短い鼻先、独特の風貌に魅力が詰まったボストンテリアは、人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する「イギー」のモデルとしても有名な犬種です。 ボストンテリアについて詳しく知りたい方に向けて、犬種の特徴や健康な子犬の迎え方、飼育のポイントについて解説します。 ボストンテリアには、小型犬特有の呼吸器系の病気や膝のお皿が外れてしまう膝蓋骨脱臼になりやすい傾向があります。 ボストンテリアに起きやすい病気を知り、あなたのワンちゃんに合った対策方法を見つけてみませんか? このような犬種が病気になりやすいとされています。 鼻ぺちゃ犬がなりやすい病気6選. 家電. キッチン用品. ボストンテリアは病弱な犬種ではありませんが、短頭種特有の病気には注意しなければなりません。 また、目が大きいため、白内障やチェリーアイなど目の病気にもかかりやすいとされています。 ボストン・テリアにとって最大の喜びは、飼い主さんと楽しみを共有すること。旅のパートナーとしてぴったりな犬種です。そんなボストン・テリアとの毎日を、もっと楽しくするために、生活の工夫点やかかりやすい病気などを知っておきましょう。 ボストンテリアのかかりやすい皮膚病を理解したら次にシャンプーの頻度をお伝えします♪ . ボストンテリアのかかりやすい病気のサインは白内障では「散歩を嫌がるようになる」「物によくぶつかるようになる」「目が白く濁ってくるようになる」などの症状がみられるようになります。