ヴァイオリン・ウェブはヴァイオリン好きのための情報サイトです。2001年に開設したヴァイオリン掲示板では、演奏家、楽曲、製作者、演奏技術、音楽論、教育論などの様々な話題で、ディープな議論が展開されてきました。過去ログも是非ご活用ください。 プロのベーシストの足元にはよく「コーラス」が存在しています。 ギターであればベースのような単音楽器では「コーラス」というエフェクターは一体どんな役割を担うのでしょうか?今回は魅惑のエフェクター「コーラス」をベースに生かす方法についてお話ししましょう。 イコライザーでbass10,middle5,high2みたいなセッティングでライブ、スタジオ練習をしているとき次のような現象が起きる場合があります。立ち位置によって(人によって)チューニングがクォーターくらいずれて聞こえる。後で録音したもの 倍音って何? 早速倍音の説明に入ります。 例えば、ピアノでc3「ド」の音を弾いたとしましょう。もちろん「ド〜」っと鳴りますが、実は「ド」の音に、「ド」以外の音も含まれています。 マルチバンドコンプレッサー(マルチバンドコンプ)とは、各帯域ごとにコンプレッサーをかけることができるエフェクトのことで、現在の音楽制作に欠かせないツールのひとつです。 エレキギターで発生するノイズの原因と対策についての記事。ノイズの発生箇所と原因を切り分けて、個別に対策することで、ノイズを減らすことができます。ノイズ対策エフェクターの紹介も行っていま … オーディオ・ベースマン見たり聴いたり アキュフェーズ dg-58・・ベースマン店主、恐るべし! 2018.02.06 「(800dの)左の位置はベストだ。(右より)左は良い音がしていると思ってましたが、これで確認できました」 アキュフェーズのdg-58を使って店のb&[…] ベースが上達するためには、避けては通れないオクターブ奏法。 慣れるまで大変ですが、できる様になると曲の表現力が間違いなく上がります。 今回は、オクターブ奏法に必要な要素を3つにまとめて解説します! 上手くいくコツは焦らないことです。 任意の帯域の倍音を強調できるプラグインで、僕はキックによく使っています。ダンス・ミュージックはキックが命ですが、ベースと干渉したり、上モノの音数によっては埋もれがちなのが悩みどころ。そこでVitaminの出番です。 倍音を抑えずに基音を抑えるということもある程度は可能らしいですが、その方法はここでは割愛します。 ノイズゲートの使用 レベルの低い音を大きくするということは、ノイズのレベルも上げてしまうこ … 宅録環境でギターやベースをレコーディングしようとするとき、「ジー」とか「ズー」とかいうノイズが、レコーディングに乗ってしまう時があります。 そして、このタイプのノイズは弾いていようが弾いてなかろうが、関係なくずっと鳴っています。 ケーブルを取り替えたり、楽器を修理に出したり、最終的にはオーディオインターフェースを疑ったりするものですが、対処に至る事はありません。というのも、問題は機材以外にあるからです。 関連記事:【宅録】「録音レベル」の決め方と、ノイズ対策 ベース、ギターどちらにも効果は同じで、ナットの上ヘッド寄りに(1フレットを弾きにくくない程度に)フレットラップを軽く巻くと、共振によって出る開放弦の 倍音 や弦から指が離れる時に出る 倍音 を抑えてくれて、音がタイトになります。 ただし傾向として、弦高が上がっていると倍音は減り、基音が強くなります。 弦高が低いとその逆ですね。 一般的に、ベースの場合弦高はある程度低い方が(1弦で1.5~2.3mm程度)メリットが大きいと思います。 0に近ければアタック部分を確実に抑える、動作は安定し歪感は低減する。程よく速い設定ではアタッ クの切れ味が増す。遅くするとピッキングのアタックが残り、ニュアンスを出しやすい、動作が不安定となり倍音が出やすい。 アコースティックベースやジャズ系のベースに適しています。 また、表面のなめらかさはフレットレスベースの指板を守る効果があるほか、音の倍音成分が少なく暗めの音色なのでフレットレスベースで使用される場合も多いです。 「アロマ(香り)で痩せられる?」「そんな夢みたいなこと、できるの?」そう思われる方も多いでしょう。 香りは脳に、ダイレクトにはたらきかける効果があります。 香りを感知する嗅覚は、原始的な感覚として脳の大脳辺縁系という部位がコントロールしています。 ベースは低音担当の楽器ですが、低音だけでなく中域〜高域まで倍音が含まれています。 ソロで弾くときは良かれと思っていた設定が、バンド演奏では思わぬ悪影響を及ぼすこともあります。 このSpectraLayers Pro、その名前のとおり、音をスペクトル表示させ、レイヤーに分けて管理していくもの。まあ言葉で説明してもさっぱりわからないですよね。そこで、まずは以下のビデオをご覧ください。The BeatlesのDear Prudenceを素材に、SpectraLayers Proの利用例を示す、すごく分かりやすいビ … 音をクリアにする方法3 / マルチバンドコンプレッサーを使おう. あなたのデジタル・サウンドに失われた「温かみ」を取り戻しましょう。 アナログのスタジオ機材が持つサウンドの「温かみ」には誰しもが魅了されてきました。確かにそれはより豊かで人間味に溢れたサウンドです。 しかし、昨今のモデリ […] Audacityのほとんどのエフェクトをサンプル音付きで解説しています。このページで、Audacityで一体とのくらいのことが出来るか分かる筈です。 サチュレーション(Saturation)とは、アナログ機器の真空管やテープの暖かな自然の歪(ひず)みのことです。 ギターアンプなどで音量を上げていくと、ピークになる前に音が徐々に歪んでいきます。 デープレコーディングでもテープコンプがかかり、独特な歪み感が加えられます。 【コントロール】 1980年の設立以来、一貫してハイエンドなギター製品を開発しているJames Demeterデザインの定番ギター用コンプレッサー。コントロールはCompress と Volumeのシンプル構成。サイドにあるトリムポットでコンプレッサーのプリアンプのゲインを調整可能なので歪みが起きる場合にトリムで調整ができたり、ピックアップの信号が弱い場合にマックス26dBゲインまで設定ができる(工場出荷時は20dBに設定)。 【サウンドの印象】 まず音を出した瞬間に「さすがJames Demeter… フレットラップの効果. 例えば、ベーストラックにVitamin を使用した時にトランジェントを際立たせればアタック感のあるベースラインの見えやすいトラックに仕上がるでしょう。逆にトランジェントを抑えることで、豊かな鳴りのあるベーストラックに仕上げることが出来ます。 graphtech / pt-4025-00 ¥780(税抜) (¥858 税込) (4件) pt-4025-00は、幅6.35mmのギター用black tusq xlスラブナット。ブラック素材により楽器のデザインに違和感のない仕上がりが特徴。 憧れのアーティストと同じ演奏をしたい、4弦では対応できない曲を弾きたいという時に活躍する5弦ベース。必要だけど種類が多すぎてどれを選んだら良いか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。今回は選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。 ベース用エフェクターとは? ギター用エフェクターもベースで使用する事は可能です。但し、ギター用のエフェクターでベースの持つ低音域が有効に出力されるかは別問題。 倍音とは?吹奏楽をされている方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。数ある楽器の中でも、ベースは特に倍音が豊富な楽器と言われています。そもそも倍音とは一体何なのでしょう。ここでは、倍音の意味を分かりやすくご紹介します。