フランス語は英語に続いて2番目に国際交流で使われている言語なんです。フランス語を公用語、又は主要な第二言語として扱う国は合わせて世界に55か国もあります。そして、フランス語はヨーロッパ連合で使われている主要言語のひとつでもあります。 国際機関の日本人職員はわずか765人、「キャリアを計画的に構築」すれば夢はかなう - ganas 開発メディア。途上国を知る。世界が広がる。 英語が公用語なのはなぜ?世界共通語になった理由とは. 概要 フランコフォニーは、民主主義や人権などの普遍的な思想とフランス語を分かち合う、世界中のあらゆる文化圏に属する国・地域の総体です。1967年に生まれた国際フランコフォニー機構(oif)は現在、57の加盟国と20のオブザーバーを数え、約2億人がフランス語によって繋がっています。 自分のキャリアアップを考えた時、フランス語が有効だと考えている人はどれほどいるでしょうか。英語より先にフランス語を覚えた方がいいとは言いません。しかし中国語よりはおすすめします。中国語よりもフランス語がキャリアアップにつながる理由を説明します フランス語、ドイツ語、イタリア語をすべて母国語として認めて いるので、言葉の障害が少なく近隣国から人が集まりやすいのだ。 ヨーロッパでこれだけ多くの言語を自由に使える国は珍しく、それ が国際的な機関の呼び水となっているのである。 なぜ国際機関の公用語は、英語とフランス語が多いんですか?英語はなんとなくわかりますが、なぜフランス語? 外交分野では、かつてはフランス語が公用語でした。フランスは、今では国際的影響力がなくなっていますが、かつてはイギリスを領有していたぐらいに強大な国だったのです。 国際機関の求人の条件が「英語とフランス語両方で業務できること」となっていることもしばしばあります。 フランス語は、英語等の言語と比較して話者数は圧倒的に少ないのですが、それにも関わらず国際的に強い存在感を示し続けている言語です。 元仏料理人のカーリーです。 「フランス語は世界一美しい言語である」と聞いたことがありませんか?お洒落なイメージしかないフランスですから、そう言いたくなる気持ちはわかります。 しかし、突き詰めるとなにが美しいのか、よく分からないですよね? 国際ビジネスで、最もよく使われている、『英語』という言語。でもどうして使用人口では、むしろ中国語の方が多いのに、ビジネスでは圧倒的に英語が共通語として使われるのでしょうか? 英ロンドン生まれのマルチメディア・ジャーナリスト。2006年にswissinfo.ch入社。フランス語、ドイツ語、スペイン語を操る。 国際機関や政府組織、ngo…国際協力に携わる組織にはどんな種類があるの? 「将来は世界の平和のために働きたい」「貧しい国の子どもたちを助ける仕事がしたい」といった国際協力への夢をもっている高校生は決して少なくないだろう。 国連職員(国際公務員)になるためには、どんな語学スキルが必要なのでしょうか?英語だけでは、ダメなのでしょうか?今回の記事では、国連における「フランス語の重要性」についてピックアップしま …

有馬記念 コントレイル 出走, チェンソー マン えの素, タラ松 にじさんじ 誰, コナン 世良 バイク, スプレッドシート 並び替え 日付, 取っ手が取れる 深型フライパン 28, 浜田省吾 Money 意味, カインズ すのこベッド 口コミ,